札幌市東区の歯科・歯医者・小児歯科 清水歯科医院
一般歯科・小児歯科・歯周病治療・予防歯科・メンテナンス
審美歯科・ホワイトニング・義歯(入れ歯)・訪問歯科

  • 〒065-0011 札幌市東区北11条東5丁目2-33
  • 地下鉄東豊線「東区役所前」4番出口 徒歩約3分
  • 専用駐車場5台あり(大型車駐車可能)

ご予約・お問い合わせ

平日 最終受付 19:00まで/土曜 最終受付 16:00まで
木曜・日曜・祝日は休診 但し、祝日のある週は木曜診療を行っております。

歯周病治療

痛みもなく進行し、気付いた時には すでに手遅れの状態です。 早期発見・予防で全身の健康を守りましょう。

30代の8割以上が患っている病気です。

歯が失われる理由として、一般的にはむし歯が一番多いと思われがちですが、実は最も多い病気が歯周病です。最近ではテレビなどで歯槽膿漏という言葉を耳にする機会が増えています。むし歯と同様に、予防が大事です。是非、予防歯科のページをご覧ください。

歯周病(歯槽膿漏)は、歯を支えている顎の骨を痛みもなく溶かしていき、一度溶けてしまうと、骨は再生することが出来ません。さらには、自分では気付かないうちに、強烈な口臭の原因となります。それだけには留まらず、歯周病は様々な病気との関連性が多いと言われています。

患者様には、歯周病(歯槽膿漏)に関する正しい知識と予防策を身に付けていただくだけでなく、早期発見・早期治療、何よりも定期的なメンテナンスやクリーニングをすることで、未然に防いでいただくことをおすすめします。

もしもなってしまっていたら - 歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、歯を失う3大原因の1番目で、歯周病は、歯周病菌が原因で進行します。歯周病菌は「バイオフィルム」と呼ばれる、バリアのようなもので守られ、歯ぐきと歯の間にできた「ポケット」といわれる隙間を広げていき、歯周病が進行するにつれて、どんどん深くなり、歯ぐきを腫らし、歯を支えるための、大切な骨を溶かし、やがて歯は抜けてしまうという恐ろしい病気です。さらに、歯周病は全身疾患に発展します。

今では、歯周病菌が体の中に入り込み、糖尿病や他の内臓疾患にも大きく関わっているということがわかっています。実際、糖尿病を患う患者様が、歯周病治療を受けて、どんどん症状が改善されていくところを、何人も目の当たりにしてきました。歯周病の治療と、糖尿病の改善の関係を目の前で見てきたのです。

このようなことからも、歯周病のある方は、全身疾患の危険性を避けるため、もしくは改善するためにも、歯周病の治療をしっかりと受けられることをおすすめいたします。

歯周病の治療

まずは「基本治療」となります。

  • ・正しいブラッシング = プラークコントロール
  • ・原因となる歯垢や歯石の除去 = スケーリング
  • ・歯の根の面の滑択化 = ルートプレーニング
  • ・歯周ポケットの掻爬
  • ・詰め物への処置
  • ・ぐらぐらする歯の咬み合わせ調整

歯垢の除去をプラークコントロールといい、ご自宅でのブラッシング、セルフチェックです。スケーリングは、歯科医院で、歯の表面や根の表面の歯垢歯石を器械で取除く事です。ルートプレーニングは、歯科医院で、歯の表面のザラザラや、歯石や、細菌で汚染された部分を除去することで、スケーリングと同時に行われます。

歯周病の進行に伴って、歯がぐらついてきますので、その負担を軽くするために、咬み合わせの調整を行います。これらの基本治療を行うことによって、ポケットの深さが浅く維持すれば、メンテナンス(定期検診)と移っていきます。

歯のクリーニングと定期メンテナンス

Googlemap