札幌市東区の歯科・歯医者・小児歯科 清水歯科医院
一般歯科・小児歯科・歯周病治療・予防歯科・メンテナンス
審美歯科・ホワイトニング・義歯(入れ歯)・訪問歯科

  • 〒065-0011 札幌市東区北11条東5丁目2-33
  • 地下鉄東豊線「東区役所前」4番出口 徒歩約3分
  • 専用駐車場5台あり(大型車駐車可能)

ご予約・お問い合わせ

平日 最終受付 19:00まで/土曜 最終受付 16:00まで
木曜・日曜・祝日は休診 但し、祝日のある週は木曜診療を行っております。

予防歯科

「痛くなってから」ではなく「痛くなる前に」歯科医院に行く時代へ

むし歯や歯周病で歯を失わないために

当院にお越しになる患者様の中にも抜歯をしたり、歯を削って詰め物やかぶせ物をすることで、むし歯や歯周病が治ったように思われている方が多くいらっしゃるようですが、一番大切なことは、そうなる前に早期発見・早期治療をすることです。症状が悪化して、進行していく前に、むし歯や歯周病を治療することで、治療する箇所を最小限に抑え、予防することが出来ます。

予防歯科に積極的に取り組まれているスウェーデンと日本を比較すると、スウェーデンの80歳以上の歯の残存率が若い時と変わらない本数を維持し、日本では、歯の残っている本数は平均で約9本と言われています。つまり、ご自宅での毎日の歯磨きだけでは、ご自身の歯を健康に保つには限界があるということを意味しています。口腔内の病原菌であるむし歯菌や歯周病菌が、バイオフィルムという膜となり、歯磨きだけでは完全に取り除けない状態になってしまうからです。

その対策として、歯科医院に定期的にお越しいただき定期健診や歯のプロによるメンテナンスやクリーニング(PMTC)を受けることが出来ます。また、ブラッシングの指導なども行いますので、効果的にむし歯や歯周病を防ぐことが出来ます。

予防歯科の重要性。

当たり前のことですが、お口の中は、食べ物や飲み物が通るため、とてもデリケートな環境になっています。物を噛むときには歯と歯が激しくぶつかり合うため、歯と歯の間や詰め物やかぶせ物の間に小さな隙間ができ、そこからむし歯菌が侵入し、むし歯の再治療につながってしまいます。

再治療となってしまった場合には、さらに歯を削らなくてはいけなくなるため、ますます歯を残すことが難しくなり、抜歯せざるを得なくなってしまった場合には、その欠損を補うために、ブリッジや入れ歯、インプラント治療が必要となってしまいます。

1度治療した歯は、健康な歯以上に正しい予防とメンテナンスが大切となります。
正しい予防とメンテナンスの知識を身に付けましょう。

  • 歯のクリーニング

    お買い物やお仕事の合間に、美容室に行くのと同じ感覚で、歯科医院でお口のクリーニングを受けて見られてはいかがでしょうか?何年も経ってから、歯石を取りに行くというのも決して悪いこととは思いません。でも、せっかくキレイにしたなら、歯石がたまるまで待つより、気が向いた時に、気軽にお口のクリーニングに行くのも良いものです。とてもスッキリして、気分爽快になるはずです。

    日本では数%の方しかそのような習慣が無いようですが、欧米では、お口のエチケットとして、クリーニングで歯科医院を訪れるのは、あたりまえの習慣なのです。

    気分転換にも、スッキリして、将来歯を失う予防にもなり、何か異常があれば、すぐに対応できるのですから、きっとご自身のメリットになるのではないでしょうか。

  • 定期メンテナンス

    クリーニングがとてもスッキリして、歯周病予防にもつながり、口臭予防にもつながり、早期発見にもつながるメリットだらけで、習慣にできそうなら、一定の間隔で、それこそ、美容室に通うように、定期メンテナンスに切り替えてみるのもおススメです。定期メンテナンスを受けることで、将来歯を失う可能性を減らすことができます。

    クリーニングや定期メンテナンスの習慣のない日本では、80歳になって残る歯は8本と言われております。対して、クリーニングや定期メンテナンスがあたりまえの欧米では、80歳になって残る歯は、15~20本なのです。どうでしょうか。

    入れ歯になってしまう前に、定期メンテナンスを良い習慣にして、お口スッキリ、口臭や歯周病予防につながるのも、良いことだらけではないでしょうか。

予防歯科に取り組んでいる人の割合

80歳の残存歯数

親知らずを除いた成人の歯の本数は28本

Googlemap